韓国ドラマ「野王」あらすじ、みどころ、感想

韓国ドラマ「野王」あらすじ、みどころ、感想

あらすじ
「野王」は貧民街で生まれ育った主人公のダヘ(スエ)が、ありとあらゆる手段を使って最終的に大統領婦人にまで登り詰めるさまを見事に描いた作品です。

 

孤児院で暮らしていたダヘは、ある日クォン・サンウ演じるハリュと再会し恋に堕ちます。貧しいながらも幸せな生活を送り始めた2人。

 

しかし、ダヘが幼い頃から嫌悪感を抱いていた養父が訪ねてきたことから事態は急変します。

 

ダヘは誤って養父を殺害し、その犯行をかばうためハリュは死体を山に埋め、2人はソウルに逃げることを決意します。その後2人の間に娘が生まれ、ダヘは大学に通い、ハリュは大学の学費を稼ぐためにホストクラブで働き始めます。

 

大企業に就職が決まったダヘですが、そこで運命の出会いが待っていました。

 

会長の息子であるドフン(ユンホ)と出会い財閥家に嫁ぐため、ハリュと娘を捨て、ドフンの心を利用し富と権力を手に入れていきます。

 

ハリュは復讐するためダヘを追いつめていくのですが、ダヘの欲望は留まることを知らず周りの人を不幸しながら1人高見を目指していきます。

 

ダヘはどこまで行き、ハリュはダヘの野望を止めることができるのでしょうか?

 

みどころ&感想
このドラマに見所は、主人公のダヘがよくここまででまかせが言えるなというくらいありとあらゆる嘘をつき、人の心を巧みに利用する姿が見事に描かれているところだと思います。

 

嘘に嘘を重ね手段と方法を選ばず自分の欲望のためだけに生きるダヘの強さとしたたかさに恐怖さえ感じます。

 

スエの演技力と悪女っぷりに感服します。

 

またハリュの復讐心の中に見え隠れする切なさと憎愛が入り交じった複雑な感情をクォン・サンウが見事に演じているところが本当に素晴らしいです。

 

ユンホ演じるドフンは一途にダヘを愛し続けるのですが騙されていたことを知ったときに見せる怒りとそれでも無下に扱いきれないドフンなりの優しさが切なくて涙を誘います。

 

キャストそれぞれの感情が奥深いところまできちんと描かれている「野王」。
ドキドキとスリルを味わいながら見てみてはいかかでしょうか。

 

クォン・サンウ、ハリュ役 スエ、チュ・ダヘ役 ユンホ(東方神起)、ペク・ドフン役 キム・ソンリョン、ペク・ドギョン役
クォン・サンウ

ハリュ役

スエ

チュ・ダヘ役

ユンホ(東方神起)

ペク・ドフン役

キム・ソンリョン

ペク・ドギョン役

 

 

 

韓国3大放送局の様々なコンテンツを一か所で楽しめる、日本で唯一の韓流コンテンツ統合サイト、KOCOWA
韓国ドラマから新着K-POP、バラエティ番組、防弾少年団などのミュージックビデオまで豊富なラインナップを動画で見れるのはここだけ!

 

スポンサーリンク


韓国ドラマ ドラマ視聴率 韓国映画 映画興行 韓国俳優