「アクシデントカップル」のみどころ、あらすじ、感想

「アクシデントカップル」のみどころ、あらすじ、感想

あらすじ

ドンベクは万年ヒラの冴えない郵便局員。保険契約はゼロの彼は地方左遷の第一候補になっている。

 

彼の妹が兄の誕生日に、俳優授賞式のチケットをプレゼントし、受付嬢のマドンナと行くよう伝えるが、競争相手が多く結局、一人で授賞式に行った。授賞式帰りに、暴走車にひかれそうになるドンベク。最終的に車はぶつかって止まる。車を運転したのが父が市長選挙立候補者の息子のガンモ。

 

彼は婚約中なのにハン・ジス(受賞トップ女優)とも秘密のデートをしていた。ガンモの父親が市長選を控えている為スキャンダルを恐れ車内にジスを残し車外へ脱出し新聞記者から間一髪で逃げ外から車をうかがっていた。

 

車にひかれそうになったドンベクが「大丈夫ですか?」と車の相手に声をかけると「助けて下さい」と嘆願され訳もわからないまま運転席に座るよう言われる。そして、受賞会場から事故現場まで運転していた事にするよう頼まれまる。新聞記者はガンモと思って写真撮影しながら運転席の男を見ると全く知らないドンベクに驚き怒鳴りだす。

 

病院でマネージャーがお金の話をするが、ドンベクは受け取らずジスのサインを9枚貰い笑顔で「あなたはきっと今日の事を忘れてしまうだろうけど、僕は一生忘れられない。今日は僕の誕生日なんです。」バスの中でサインを子供の様に喜ぶドンベクをジスは車中から見ていた。

 

その夜は妹と自分用に各一枚残し、残り7枚は職場の仲間に配れば職場仲間も驚くだろうと小さな喜びに浸り眠った。

 

次の日に職場でハン・ジスのサインを最初に上司に配るが、保険契約ゼロで偽物のサインで誤魔化していると上司は決めつけ7枚全部丸めて捨てられる。その場面を再び訪ねて来たマネージャーが偶然目撃する。マネージャーが慰めると「誰も信じてくれなくてもジスさんに会ったのは真実なので大丈夫です。」と答えるドンベク。

 

マネージャーが再びお金の話をすると「あなたも職場の仲間の様に私を信じてくれないのですか?あなただけでも僕を信じて下さい。誰にも言わないし約束は守ります」とドンベクに言われマネージャーは人として恥ずかしいと感じる。

 

ジスのサインを偽物として受け取ってもらえなかった事をマネージャーから聞いたジスは思い切った行動に出る。
ジスは花束を持って郵便局の受付嬢にドンベクの職場を聞くと郵便局中は大騒ぎになる。
上司が「ドンベクとはどのような関係ですか?」と聞かれたジスは「ドンベクさんはファンの中でも特別」と言い放つ。

 

その頃、事故現場写真の一枚が事故車近くの建物の陰に後ろ向きの男がガンモに違いないと確信した新聞記者はガンモの父に写真を送り揺さぶりをかける。父は破滅の危機を回避するためにスキャンダルの捏造を息子のガンモに命じる。
しかし、スキャンダルの捏造を命じられたガンモは愛するジスに言えず、深刻な顔をする彼の気持ちを汲み取りジスは自ら捏造を決意する。

 

ガンモの秘密をこれ以上広められないが、一番適任のドンベクがジスの自宅に呼ばれ「半年間付き合って欲しい」とジスに頼まれる。半年も恋人の振りをするのは無理とドンベクは懸命に断ろうとするが口下手で人の良い彼は結局、ジスとマネージャーに押し切られ承諾させられる。一般人のドンベクに配慮皆無で大々的にニュースやネットで二人の顔写真が流れ、ドンベクが一躍、時の人となり「アクシデント・カップル」が誕生する。

 

職場もドンベクの彼女がジスとわかった途端、左遷は中止され郵便局長にも会社行事にジスを呼ぶよう無理な命令をされ、ドンベクは断り切れず「一応、ジスさんに話してみます」と返答するしかない。
嘘をつくのが苦手で人一倍罪悪を感じるドンベクがジスを守る為に半年限定で奮闘する。
また、ジスは一途に愛するガンモと半年後に結ばれる事を信じて奔走する。

 

そんな時、ジスもドンベクも知らないうちに恋人契約が偽装結婚にしなくては、収拾がつかない事を知る
果たして郵便局員と有名人とのあり得ない半年限定の偽装結婚は無事終了できるのか…。
そして、ジスとガンモは半年後に結ばれるのか…。

 

みどころ

「韓国のトップスター(ハン・ジス)」役:キム・アジョン。
映画「カンナさん大成功です」で第44回大鐘賞映画祭で主演女優賞を受賞。
「三枚目のヒラの郵便局員(ドンベク)」役:ファン・ジョンミン。
映画「ユア・マイ・サンシャイン」で266万人動員し大韓民国主演男優賞を受賞。
ファン・ジョンミンの役作りにかける情熱が凄い。
ハムスターのような仕草から運動神経が鈍そうな仕草も尋常じゃないコダワリが強い。
本物の役者魂を感じた。
普段のファン・ジョンミンはかなりのイケメンなのにドラマを見てから「アクシデント・カップル」以外で画像検索すると本当に同一人物かという大変身なので、かなり興味深い。

 

感想

万年ヒラの冴えない郵便局員で保険契約が滅多に取れない人はどこの郵便局にも一人はいる。
もし、その冴えない局員の彼女が有名人だったら?
町内のお客さんなら保険に加入しなくても何だか用もないのに毎日、郵便局に行ってしまうのはないだろうか?
きっと全てのお客がこの局員には芸能レポータの様に見えてくる事だろう。

 

自分の職場にもし、有名人が突然尋ねてきたら…周囲がこうなる見本を映像で疑似体験できる。
このドラマで結構、妄想力というか空想力を鍛えられ、職場仲間からの羨望と嫉妬の合わさった眼差しを楽しんだり、面倒に思ったりしたので普通のドラマよりも二倍以上楽しめ、かなりお得だと思われる。
自分の日常がちょっとした空想力で非日常へと変わるかもしれないワクワクを感じられ楽しめるのでお勧めである。

 

 

 

韓国3大放送局の様々なコンテンツを一か所で楽しめる、日本で唯一の韓流コンテンツ統合サイト、KOCOWA
韓国ドラマから新着K-POP、バラエティ番組、防弾少年団などのミュージックビデオまで豊富なラインナップを動画で見れるのはここだけ!

 

スポンサーリンク


韓国ドラマ ドラマ視聴率 韓国映画 映画興行 韓国俳優