華麗なる遺産のあらすじ、感想

華麗なる遺産のあらすじ、感想

「華麗なる遺産」は、「春のワルツ」「トンイ」等多くの作品に主演するハン・ヒョジュと、少女時代のユナとの交際も話題の、イ・スンギ主演のドラマ。
ウンソン(ハン・ヒョジュ)の父の会社が倒産し、父も亡くなり、自閉症の弟ウヌを抱え、路頭に迷うハメになったウンソンは、自殺も考える。
しかし、父の後妻である継母のソンヒは、マンションの部屋を確保していた。

 

ウヌが行方不明になり、ウンソンは、記憶喪失のおばあさんを助けるが、そのおばあさんはチンソン食品の会長であった。
ウンソンは、会長宅に居候し、チンソン食品で働きながら、ウヌを探し始める。
遊んでばかりいる嫁と孫に失望した会長は、全財産をウンソンに遺すと宣言する。

 

一方、会長の、交通事故で亡くなった息子の長男、ファンも、会長からカードの使用を止められ、仕方なくチンソン食品で働き始める。
最初こそ横柄な態度を取っていたファンだったが、次第に周囲の信頼を得ていく。
実は、ファンは、父親の交通事故に責任を感じ、心を閉ざしていたのだった。

 

ソンヒの娘で、ウンソンの義理の妹、スンミは、学生時代ファンに助けられたことから、ファンを慕っていた。
実は、ウンソンの父は生きていたが、ソンヒが保険金を受け取れるよう、身を隠していた。
ソンヒは、保険金を独り占めし、ウヌを遠くに隠したのも、ソンヒだった。

 

ソンヒは、、チンソン食品の重役と組んで、会社をのっとろうとしていた。
スンミは、母親の悪事に巻き込まれ、ファンとも、もう会えなくなる。
最後のバス・デートが切ない。

 

スンミを妹のように大切にしていたファンは、スンミの恋心を薄々知りながら、関係を曖昧にしてきたことを詫びる。
「『早く白状して、楽になれ』と言ったろ」とファンに言われ、「オッパーに嫌われるのに言えるわけないわ」というスンミ。
全ての悪事が明るみに出たソンヒは、死のうとするが、娘に止められ、地方に移り、娘と2人細々と生きていく。

 

実の父に相手にされず、期待していた新しい父には、最愛の娘「ウンソン」がいて、いつも寂しい思いをしていたスンミは、唯一の救いであったファンまで、ウンソンを好きになるという結末を迎えたが、唯一自分を愛してくれる母親に感謝し、夢を失わず、大学院に通う準備を始める。
ファンとウンソンは、相思相愛となり、ラストシーンでキスをする。

 

ヒロインよりも、スンミがかわいくて、親の悪事に巻き込まれ、初恋も台無しにされてかわいそうという印象を、強く持った作品だった。

 

 

 

スポンサーリンク


韓国ドラマ ドラマ視聴率 韓国映画 映画興行 韓国俳優