「ラブレイン」あらすじ、みどころ&感想

「ラブレイン」あらすじ、みどころ&感想

ラブレイン、あらすじ

「ラブレイン」は、冬のソナタでヒットを生み出したユンソクホ監督が手がけた心が洗われる純粋なラブストーリーのドラマです。

 

物語は、1970年代と現代の2つの時代が舞台になっています。

 

主演を務めたチャングンソクは1970年代では繊細な美大生イナを、現代では自由奔放なフォトグラファー、ジュンのふた役を演じています。

 

また、相手役の少女時代のユナも1970年代では、病弱だけど可憐で控えめな女性ユニを、現代では天真爛漫なハナのふた役を演じています。

 

1970年代のイナとユニはお互いに惹かれあっているのに気持ちを確かめ合うことができず、すれ違いの日々を送っていました。

 

やがて二人の恋が動き出そうとしたのも束の間、ユニに重度の結核が発覚し2人は離ればなれになってしまいます。

 

時は経ち、舞台は現代になりジュンとハナの物語が始まります。ジュンとハナは、1970年代のイナとユニが別々の人と結婚して生まれた子供という設定で、それぞれの親の恋愛に自らの恋愛観を作り出しています。ジュンは叶わなかった初恋を引きずりながら結婚したため結局離婚した父親のイナをみて恋に否定的です。

 

一方のハナは叶わなかった初恋を大事にしている母ユニをみて恋いこがれる恋愛に憧れを持っています。考え方の違うジュンとハナですがやがて惹かれ合っていきます。現代になり親同士の恋も動き始めます。イナは結核のため死んだと聞かされていたユニが生きていることを知り学生時代に叶わなかった恋を今度こそ実らせようとします。イナとユニは結ばれるのか。そして親同士の恋愛を知ったジュンとハナはどうなるのでしょうか?

 

ラブレイン、みどころ&感想

このドラマの見どころは、チャングンソクとユナが全くキャラクターの違う1人2役を見事に演じきっているところだと思います。

 

1970年代は、奥ゆかしく、現代は生き生きと、そんな二人の魅力を2倍楽しめるので得した気分になれます。親同士の恋愛と自分たちの恋愛が絡み合い、親が子供を思う気持ちと子供が親を思う気持ちが切なく表現されているところが切なくドラマのいいエッセンスになっていると思いました

 

ラブレイン人物相関図

 

 

 

韓国3大放送局の様々なコンテンツを一か所で楽しめる、日本で唯一の韓流コンテンツ統合サイト、KOCOWA
韓国ドラマから新着K-POP、バラエティ番組、防弾少年団などのミュージックビデオまで豊富なラインナップを動画で見れるのはここだけ!

 

スポンサーリンク


韓国ドラマ ドラマ視聴率 韓国映画 映画興行 韓国俳優