「魔王」あらすじ、みどころ&感想

「魔王」あらすじ、みどころ&感想

魔王、あらすじ

「魔王」は、1枚のタロットカードから始まる切ない復讐を描いたサスペンスドラマです。ある日、刑事として働くオス(オムテウン)のもとに差し出し人不明の荷物が届きます。その中には「審判」を意味するタロットカードと謎の手紙が入っていました。

 

その夜、オスの父親の顧問弁護士が何者かによって殺されるのですが、その現場にはオスに届いたものと同じタロットカードが残されていました。

 

オスは捜査を進めていくうちに、偶然そのタロットカードの絵を描いた図書館の司書のヘイン(シンミナ)と出会います。

 

なんと彼女は自分が触れた人や物に残された記憶を読み取ることができる不思議な力を持っていたのです。

 

またオスは捜査中、殺された顧問弁護士と最後に話していた弁護士のスンハ(チュジフン)にも出会います。実は、オスとスンハ、ヘインの3人は12年前に起きた殺人事件に関係した人物だったのです。

 

12年前、不良少年だったオスはあるアクシデントから善良な少年を殺してしまいます。しかしオスの父親の力で冤罪になり罪を免れていました。

 

その殺された少年の弟がスンハなのですが、スンハはオスに復讐をするため名前も変え弁護士になっていたのです。

 

一方のヘインは12年前の事件現場にテレポーテーションして第一発見者となった少女で警察に協力して事件の真相に近づいていきます。

 

スンハはオスの周りにいる大切な人たちをどんどん窮地に追いやり復讐を仕掛けていきます。

 

オスは最終的にどうなってしまうのでしょうか?そしてスンハの行き着く果ては・・・

 

魔王、みどころ&感想

このドラマの見どころは、スンハの復讐によってオスの周りの人達がどんどん追いつめられる様がスリルをもって非常に恐ろしく描かれているところだと思います。

 

高校時代に自分が犯した罪の罰を受けずに生きてきた後ろめたさと刑事になって恩返しをしようと懸命に生きるオスの姿の2つの面がうまく描かれていて見入ってしまいました。

 

また大事な兄を殺されたスンハの悲しみと怒りと孤独も見事に表現されていて、どんどん復讐を重ねていく様子は見ていてゾクゾクしっぱなしでした。

 

とても見応えのあるドラマでおすすめです。

 

 

 

 

韓国3大放送局の様々なコンテンツを一か所で楽しめる、日本で唯一の韓流コンテンツ統合サイト、KOCOWA
韓国ドラマから新着K-POP、バラエティ番組、防弾少年団などのミュージックビデオまで豊富なラインナップを動画で見れるのはここだけ!

 

スポンサーリンク


韓国ドラマ ドラマ視聴率 韓国映画 映画興行 韓国俳優